内閣府認証 特定非営利活動法人子ども育成支援協会 (子育会)

ご挨拶

私たち子ども育成支援協会は、遊具事故に悩むお母さん達と、遊具と遊びに関する事をテーマに、子どもたちが安心安全に遊べる、そんな時代の為に日々活動をしております。

数多くの方の意見をデータ化

子どもがプラスチック製(PPポリプロピレン製)の遊具の傷が原因で指にすり傷を負った事故(傷はかすり傷程度です)でも徹底的に調査をいたします。

1通のお母さんのメールから判明した事故でしたが、同じ傷のある滑り台を見つけ、実際に再現テストを行い、「何故傷がつくか」を調査いたしました。さらに、点検手法も開発して同じ事故が起こらないよう対策を行いました。
この程度の検討作業でも莫大な時間と手間とノウハウが掛かりますが、この小さな問題点を潰さない限り、事故撲滅は達成できないと我々は考えます。

お母さん、お父さんのアイデアが私たちの点検作業を支えます

遊具事故に関係ない事も、子どもの安全を守る為に真剣に取り組みます。

あるお母さんから公園が汚いと思うと言う話が出ました。一見、シルバーの方、役所の職員の方々のお力でかなり公園は整備がされているように見えました。しかしお母さんが気にされていたのは「雑菌」でした。

その声を受けて、雑菌の検査を行ったところ、かなりの量の雑菌が至る所から発見されました。「これでは駄目だ、対策が必要だ」ということになり、私たちは自社開発の除菌剤を開発して無償で配り、更には遊具点検時に雑菌の繁殖率の多い場所に対して、除菌処理を行う様にしました。保護者の方、子どもさんの声に真摯に向きあうことで、より安全な環境になると自負しております。
現在は更に子どもの事も考え除菌剤の改良を行い、アトピーの子ども対策も万全に行っています。

マスメディアからも高い評価

私たちはマスメデアからも高い評価を受けています。

消費者省より遊具事故に関するデーターが開示されました。これに対してマスメデアも大きく反応し、当協会に対しても取材の依頼が数多くあり、時間の許す範囲で協力をさせていただきました。

遊具事故には、遊具の問題点も原因の一つに上げられますが、私たちは子どもさんの遊び方にも問題は数多くあると思います。
それは当協会が全国の公園、学校、幼稚園、保育園の点検業務を主体で行っている中で、子ども達の遊びの実態を知り尽くしているから言えることです。
遊具での遊び方を数多くの子ども達に伝えたい、教えたい。そんな事が数多く出来ればと思いマスコミ関係にも協力しております。

 

このホームページが私どもの理念とともに、皆様の賛同をいただくきっかけになれば幸いです。

 

TEL 03-5927-1170 AM9:00-PM5:00

Copyright © NPO法人子ども育成支援協会(子育会) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.